どこに行こう!目玉景品”旅行券”

各種のイベントなどで目玉景品を何にするかは
悩ましいところですが、どんな人にでも
間違いなく喜ばれるものにしなければ
ならないということがあります。普段はあまり食べられない

出席者、参加者がどんな人なのか、
だいたいの予想が付くものであれば
目玉景品はその特定の層の人に
喜ばれるものにすることも可能ですが、
性別、年齢、趣味嗜好など、
ありとあらゆる人が参加するようなイベントの場合は
そうはいきません。たまには贅沢に

大人も子供も、高齢者も若い人も、
ファミリー層にも単身者にも、
男性でも女性でも喜ばれるようなものを
目玉景品にしなければ、それこそ
目玉の意味がなくなってしまい、
せっかくのイベントが台無しになって
しまうかもしれません。

そういう場合に景品として適切なものとして、
旅行券を考えてはどうでしょうか。

確かにこのようなギフト券の類は景品の定番中の
定番ともいえ、目新しさ、驚きという点では
若干弱いことは否めません。

できれば、もう少し人目を引くような、目新しさというか、
それを目玉商品に選んだ人のセンスを参加者全員に
示すこともできるような景品を選んだほうが
よいのかもしれません。

しかし、それだけに旅行券は誰からも喜ばれる、
受け入れられることもまた間違いないのです。

自分は全く旅行には行かない、使わないという人は
まずいないと言ってよいでしょうし、仮にいたとしても
旅行券というのはいざとなればチケットショップなどでも
換金できますから、無駄になるということもないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)